エイビイシイ保育園  

home
今月のPickUP
<幼児遠足> <園長のコメント>
<仲間紹介> <先生紹介> <給食>
<保健便り>
クラスだより
<たまご> <ひよこ> <あひる> <こぐま>
<りす> <うさぎ> <きりん> <ふくろう>
今月の行事
<予定表> <献立表> <>
<お誕生日おめでとう> <編集後記>
風の子クラブ
<日常> <行事> <先生紹介> <FUN>
<給食> <予定表> <編集後記>
アルバム・ムービー
 
今月のPickUP

先生紹介

■片野 先生

 今年度、あひる組の担任をしております、片野と申します。
 1歳児クラスという大切な成長段階に関わる事が出来て、幸せと感じています。昨年度までは、風の子クラブで小学生対象の指導員をしていました。
 保育園では初めての先生紹介になりますので、自己紹介も含めてこの場をお借りして少しでも知ってもらえたらと思います。中学・高校・短大と8年間、ソフトボールをしていました!球技が大好きで、ボールを見ると投げたくなる気持ちは今でも変わりません(笑)
好きな事はとにかく「笑う」事が大好きです。楽しい事が近くであると、すぐに中へ入りたがるタイプです!休日は、お笑いライブを観に行ったりしながら過ごす日もあります。
日々の保育でも、子供たちとたくさん笑って楽しみながら生活をして行く事を大切にしています。
 気軽に話しかけてもらえる先生になりたいと日々、努力をしながら子供たちと一緒に成長をしていきたいと思います。至らない点もあるかと思いますが、全力で頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します!!

■永井 先生

 今年度、あひる組の担任をさせて頂いております永井と申します。昨年度は、たまご組の担任をしていました。昨年度から振り返ってみるとハイハイやつかまり立ちをしていた子どもたちが今では友だちと手を繋いで散歩に出かけたり、「〇〇ちゃん、おはよう!」や「〇〇もやりたい!」とおしゃべりがとっても上手になったり、たった1年でこんなにも成長をするんだ!と、子どもたちの成長に驚きと喜びを感じています。
 今回は私が保育士になろうと思ったきっかけをお話します。私にはいとこが10人います。私よりみんな年齢が下で、3歳の頃から自分より年下の子と関わる機会がありました。オムツを替えたり、ミルクをあげたり、近くで成長を感じることが出来たり、子どもながらに年下の子のお世話をする事に喜びを感じていました。今でも0歳から5歳のいとこと遊ぶことを楽しみに実家に帰っています。
 もうひとつのきっかけは、私自身保育園に通っていました。私は保育園に行くのが嫌でいつも泣いて、担任の先生を困らせていました。しかし、その先生はそんな私に保育園は安心な場所、楽しい場所という事を色々な活動や関わりの中で教えてくれました。年中さんになる頃には、毎日保育園に行くのが楽しくて、家の人に毎日いろんな話をしていたそうです。私もそんな先生になりたいと思ったのがきっかけで保育士を目指すようになりました。
まだまだ至らない点がたくさんありますが、子どもたちが毎日保育園に行くことが楽しい、笑顔が日々あふれる生活を送って貰えるよう頑張りますのでよろしくお願いします。

■栗山 先生

今年度、あひる組の担任をさせて頂いています、栗山です。1歳児クラスを受け持つのは2回目になりますが、保護者の方々と一緒に子ども達の成長を間近で見ることができ、とても嬉しく思います。
 私事ですが現在、2歳の娘の子育てをしています。最近では着替えをしようとすると「イヤ!」、髪を結ぼうとすると「イヤ〜」と全力で嫌がり、イヤイヤ期真っ盛りです。
 朝は忙しくて、なかなか余裕がないのですが時間の許す限り、服を何着か見せて「どっちにする?」と選ばせてあげると、「これ!」と言って選び、納得をして着替えをしてくれます。
 髪を結ぶ時は、大好きなパズルに夢中になっている時でもダメなので、その時だけ保育園でよく歌っている「おはようクレヨン」や「どんな色が好き」の歌の動画を見せて何とか、髪を結んでいます。イヤイヤ期にイライラしてしまう時もありますが、どうしたら娘が納得してやってくれるかを、日々考えながら色々な方法を試している毎日です。
 子育てと仕事の両立で悩むこともありますが、保育園に来て子ども達の笑顔を見ると「今日も一日、がんばろう!」と思い、元気を貰えます。このクラスで過ごせるのも、残り3か月ですが一人ひとりの個性や関わりを大切にしていき、私自身も笑顔を絶やさず頑張りたいと思いますので、宜しくお願い致します。

■細川 先生

 あひる組担任のの細川裕子です。
 我が家の話をさせて頂きます。母が大正、私が昭和、娘は平成の三世代の家族です。私はずっと仕事をしているので、娘が幼い頃の世話は母にほとんど任せたものでした。振り返ると少し後悔もありますが、母から「昔の人の言い伝え」を子育てを通して、たくさん学ぶことが出来たのは良かったと思っています。母がよく言う言葉は、「新聞や本など活字を踏まない、またがない」「履物をそろえると心もそろう」「悪い事をすると、全部お天道様が見ている」等々。昔の人の言葉は、古臭い、面倒だと考えがちですが、今の子育てにもしっかりと通じる物があると、今になり身に染みて分かります。人生の先輩である93歳の母にはまだまだ長生きしてもらい、「昔の人の知恵」を教えて欲しいと思っています。


 
エイビイシイ保育園 エイビイシイ風の子クラブ 社会福祉法人杉の子会  ニュース  リンク

Copyright (C) エイビイシイ. All Rights Reserved.