エイビイシイ保育園  

home
今月のPickUP
<卒園式> <園長のコメント>
<仲間紹介> <先生紹介> <給食>
<保健便り> <入園式>
クラスだより
<たまご> <ひよこ> <あひる> <こぐま>
<りす> <うさぎ> <きりん> <ふくろう>
今月の行事
<予定表> <献立表> <>
<お誕生日おめでとう> <編集後記>
風の子クラブ
<日常> <行事> <先生紹介> <FUN>
<給食> <予定表> <編集後記>
アルバム・ムービー
  今月のPickUP

給食

エイビイシイ保育園の給食

エイビイシイ保育園では子どもたちの免疫力や抵抗力を高めるため、また安心で安全な食材を食べさせてあげたいという思いから、国産で有機栽培(無農薬・無科学肥料)の野菜と無添加食品を使用しています。今回はエイビイシイ保育園の給食で使用しているこだわりの食材について、ご紹介します。

@お米:千葉県南房総市「三芳村生産グループ」
給食では基本的に玄米入りごはんを提供しています。玄米には白米の9倍もの食物繊維が含まれ、ビタミンやミネラルも豊富です!!
除草剤などを使わず生産者の方が草を取り、刈り取った稲を天日干しした有機米、玄米を使用しています。



A野菜:茨城県石岡市「魚住農園」
千葉県南房総市「三芳村生産グループ」
埼玉県小川町「風の丘ファーム」

産直で届く有機野菜を使用しています。農薬や化学肥料の代わりに鶏糞や落ち葉、米ぬか、わら、もみ殻など自然界のものを肥料にして育っているので栄養価が高く、味の濃い美味しい野菜です。




Bお茶
 魚住農園から届く静岡県産の無農薬ほうじ茶を使用しています。



C魚:東京都新宿区「魚芳」
近海魚を中心に築地から仕入れた魚を毎朝届けてもらっています。


D鶏肉:山口県山口市「秋川牧園」
ヒヨコの段階より抗生物質や抗菌剤などの薬を一切使用しない無投薬飼育を行い、遺伝子組み換えでない・ポストハーベスト無農薬のとうもろこしなどの100%植物性飼料を食べて育った安心・安全な鶏肉です。
☆ポストハーベストとは・・・収穫後に防かび・防腐・ 発芽防止などのために農薬を散布すること。




E豚肉:茨城県石岡市「三輪農園」
三輪農園の豚は、輸入の飼料に頼らず地元で手に入る飼料を食べて飼育されています。
飼料はくず小麦、酒ぬか、魚粉が主でほとんどを茨城県産でまかなっています。
一般的な豚は、通常早く出荷させるためにホルモン剤などを投与して半年ほどで出荷されますが、三輪農園の豚はホルモン剤を一切投与しません。
ストレスをかけないように広く開放的な豚舎でのびのびと1年間かけて飼育した後に出荷されています。



F牛乳、乳製品: タカハシ乳業
山梨県北杜市のキープ牧場で有機の牧草を食べ、抗生物質を与えずに放牧でのびのびと育ったジャージー牛のお乳です。
ジャージー牛の牛乳は最も品質がよく、濃厚で甘味がしっかりとしています。
また、65℃で30分かけてじっくりと殺菌する低温殺菌法を用いられているので、牛乳のもつ自然な風味を感じる事ができます。
一般に売られている高温殺菌牛乳(130℃で2〜3分)よりもカルシウムの吸収がよいので子ども達の成長にピッタリの牛乳です。

G調味料・加工品:「ムソー株式会社」「株式会社創健社」
【ムソー株式会社の品質基準】
・国内産農産物を優先して使用
・国内産農産物を優先して使用
・有機農作物を優先して使用
・食品添加物不使用(基本的に使用しないが品質管理上必要最小限に、天然由来を中心とした食品添加物を使用する場合もあります。)
・伝統的製法(日本の食文化を伝承し、できるかぎり農作物の素材の力を活かした製法を優先しています。)
「株式会社創健社」も上記と同様な品質基準で厳選された調味料や加工品を扱っています。2社の商品のなかから国産有機を優先し、より品質の良いものを選んで使用しています。

H果物
基本的に有機の果物を使用しています。
りんご(10月〜4月):若葉農園 
オレンジ類・みかん・キウイフルーツ:神奈川県湯河原「早藤果樹園芸」
桃(7月頃)・ぶどう(8月下旬から9月中旬):山梨県塩山市「前嶋農園」
★前嶋農園は減農薬栽培を行っています。
 糖分を多く含む果物には虫がつきやすく無農薬では難しいと言われて います。そのため桃のみ1/10の農薬が使用されています。
バナナ:山口県山口市「秋川牧園」 ペルー産の有機バナナを使用。
キウイフルーツ(12月頃〜3月頃):茨城県常陸太田市「あすか農園」
※給食で使用されている食材は放射性物質の検査結果が「不検出」のものを使用しています。放射能数値は各仕入れ先から定期的に届いています。

エイビイシイ保育園の給食の食材は栽培方法や栽培環境、また生産者の方がどんな思いで食材を作っているのかを知るために園長・理事長や栄養士がその地に訪れて生産者の方の話を聞き、顔の見える信頼関係を築いてから給食で使用するようにしています。また職員は「縁農」ということで魚住農園に農作業のお手伝いをしに行き、生産者の方々と交流をしています。
今年度も安心で安全な愛情あふれる食材を使って、子ども達の健康な身体を育てる給食を提供していきたいと思います。 (栄養士 寺島)

『チーズチヂミ』
 
◎材料…(大人2人分、子供2人分) 
 

●上新粉・・・60g
●ねぎ・・・・25g 
●食塩・・・・少々
●水・・・・100g

◎ちりめん・・・・・20g
◎ピザ用チーズ・・・35g
◎サラダ油・・・・・適量

☆しょうゆ・・・・・5g 
☆砂糖・・・・・・・5g


★子ども達にとっても人気のおやつです!
簡単に作れるのでご家庭でも是非作って
 みてください♪    (栄養士 燗)

◎作り方
@ ●の材料をボウルに入れて混ぜる。
A @にちりめん、ピザ用チーズを入れて混ぜる。
B フライパンにサラダ油を適量ひき、Aを両面焼く。
C 鍋に☆の調味料を入れひと煮立ちさせてタレを作り、Bにぬる。


 
エイビイシイ保育園 エイビイシイ風の子クラブ 社会福祉法人杉の子会  ニュース  リンク

Copyright (C) エイビイシイ. All Rights Reserved.