エイビイシイ保育園  

home
今月のPickUP
<幼児遠足> <園長のコメント>
<仲間紹介> <先生紹介> <給食>
<保健便り>
クラスだより
<たまご> <ひよこ> <あひる> <こぐま>
<りす> <うさぎ> <きりん> <ふくろう>
今月の行事
<予定表> <献立表> <>
<お誕生日おめでとう> <編集後記>
風の子クラブ
<日常> <行事> <先生紹介> <FUN>
<給食> <予定表> <編集後記>
アルバム・ムービー
  今月のPickUP

芋掘り遠足

 
 芋掘り遠足

 少し肌寒く感じた11月27日(月)。週の始まりという事もあり、眠そうに登園してくる子どもたち。と思いきやワクワクやドキドキがいっぱいの、元気な姿で登園してきました。この日は待ちに待った芋掘り遠足がありました。いつもより早い登園時間でも眠気を感じさせないほどでした。
 畑に到着した後、まずは農家の方にご挨拶です。エイビイシイ保育園に野菜を届けてくれる魚住さんにお世話になりました。芋掘りをどのようにやるのか。初めての体験に子どもたちの顔は真剣そのもの。最初から最後までしっかりと話を聞いていました。芋掘りが始まると待ってましたと言わんばかりに勢いよく掘り起こす子どもたち。大きなさつま芋が飛び出して来るとその大きさにも負けない大きな声で「大きいの取れたー!」と周りの友だちと大盛り上がりでした。その反対に「見てーかわいい♪」と手の平サイズの小さなさつま芋でも盛り上がっていました。子どもたちの楽しい事に対する集中力はすさまじく、あっという間に全て掘り起こされました。みんなが掘った後は掘り残しがないかチェックの時間です。トラクターを使い、いざチェック!たくさん出てくるかと思いきやあまり出てこず、みんながうまく掘れていた事が証明されました。

 さつま芋の後は小豆の収穫も体験させてもらいました。「乾いてる物だけ取るんだよ。」と言う話を聞き、どんどん収穫していました。乾いてるかどうか判断に迷った時は自ら魚住さんに「これ乾いてる?」「とってもいい?」と聞く姿がありました。

たくさん働いた後にはご褒美が待っていました。魚住さんがご厚意で作ってくれていた焼き芋です。食べるとすぐに「甘くておいしい♪」と歓声が上がるほど、疲れが吹き飛ぶ甘さでした。子どもたちのみならず大人も大喜びの焼き芋でした。
 そして、お昼ご飯は別腹!愛情たっぷりのお弁当をまずは見せ合い、次に自慢し合って幸せそうに食べていました。焼き芋じゃ足りないと言わんばかりに、お弁当を食べ終えました。
 最後に用意してくれたのは小松菜の種蒔きです。小松菜の種は5、6粒摘んで蒔くと教わると慎重にそっと種を摘み、優しく蒔いていました。
 子どもたちに安心、安全な食材を提供したいという魚住農園さんの思いやがんばりを私たちは知る事ができました。今一度、食育とは何かを考え、子どもたちに何を伝える事が大切なのかを知っていきたいと思いました。今回の芋掘り遠足を通じて、子どもたちに少しでも食べ物を大切にしようという気持ちが芽生えてくれたらと思います。
 「早くまた芋掘りがしたいな。」そんな声がたくさん聞こえる芋掘り遠足でした。
  (保育士 大橋)


 
エイビイシイ保育園 エイビイシイ風の子クラブ 社会福祉法人杉の子会  ニュース  リンク

Copyright (C) エイビイシイ. All Rights Reserved.